Page: 1/4   >>
心斎橋大丸を残せない社会
心斎橋大丸の解体があっという間に決まってしまいました。
心斎橋大丸店は日本で数少ないアールデコ建築の一つです。
その表現は外観よりも内部のデザインに多く現れています。1920年代のアメリカなのです。

パリやローマでは高級ブランドは歴史あるビルに入ることが高級ブランドの証であるようです。
ホテルなども改装技術と工夫は素晴らしいものがあります。(旅先でむき出しのエレベータとか見たこと有る方も多いと思います。)
そして古いビルほど家賃も高い。

私は心斎橋大丸は単なるノスタルジックではなく資産として多いに活用することを願います。
例えばヨーロッパにあるような高級ホテル、高級店だけのデパート、あるいはコンベンションセンターなど
壊すのであればいっそのこと売って欲しい。買い手はいくらでもいるように思います。
改修して使用することで多くの内外の客の心を掴めたかもしれない。

爆買いの観光客(今は中国→インドネシア、インドと続く?)をあてにした増床の経営判断が
後々大変な損失を気づくことでしょう。
正直、梅田の集中化が始まった大阪で心斎橋の床を増やしてどうするんだろう、
もしかしたら隣のそごうが立てなおして破産したことを忘れているのか!(笑)

日本建築家協会は一部に保存運動に動き出そうとしていたが、協会内には新しい建物を設計する人もいるので
中立の立場をとるということ。なんか大事なときに使命を全うできず。
ヴォーリス事務所の青井さんを中心に図面の展示会や保存活動をしています。

私の出生地、北九州市でも25年ほど前に日本で一番最初の大型溶鉱炉を壊す話もありました。それは新日鉄の所有物でしたが多くの市民の働きかけで保存が決まり、昨年、世界遺産になりました。

こういった地域の資産、文化を残せない社会、建築の環境を(建築家の責任も多い)
是正できる建築家として考えていきたいと思います。
| 近藤英夫 近藤英夫建築研究所 | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ホキ美術館に行った


千葉市の外れの新興住宅街の中にホキ美術館はあった。
いくつかの弧状のラインが展示空間に変化を与えている。腰下のガラスも印象的だ。
広いとこ、狭いとこ、すごく緻密につくられているのがわかる。

それ故に大きな開口部から見えるのは建売住宅ばかりというのがよくわからない。
周囲の環境を無視して、どこかから持って来たようなプランだ。ちょっと残念。
写実絵画ばかりの展示はわかりやすく高齢のカップルで賑わっていました。(私は好きじゃないが)

| 近藤英夫 近藤英夫建築研究所 | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
神栖市に来てます
茨城県神栖市に来てます。ここも液状化の激しかったところです。

電柱が傾いているのが解ると思います。
伺った住宅のほとんどは地盤の落ち込み方と比べたら建物の傾きはほとんど無し。杭を打っていないと思われるので、地盤改良でうまくいったのか?因果関係がわからず。
住民の方も2ヶ月は水道が止まったそうで、やっと風呂に入れるようになったそうです。それでも「被災地に比べたら」と健気なのです。頭下がります。
| 近藤英夫 近藤英夫建築研究所 | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
鹿島港にて

鹿島港に来た。海から市街地は本当にすぐのところだった。道は隆起して補修の後が痛々しい。港はもうすでに動いている様子。頑張れだ。

聞いた話では基礎のひび割れを修理する業者が出回っているようです。左官で表面だけやって帰るらしい。一箇所5万円!何十万も払っている高齢者の人たちがいる。
地震にあった皆さん。ヒビが入ったからって直ぐに家が壊れることは無いし、表面だけ補修しても意味は無いのです。せめて何社かで見て見積りもらって決めましょう。慌てなくても大丈夫です。
| 近藤英夫 近藤英夫建築研究所 | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
幕張の朝

幕張の朝、日本ではないみたいな景色
| 近藤英夫 近藤英夫建築研究所 | 07:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
多摩美図書館に行った
時間ができたので多摩美図書館に行ってきました。見学は16時までに受付とのことなので新宿から慌てて約1時間半かけて行ってきました。多摩美って初めて行ったがのどか。

図書館は写真のイメージよりも重厚で荘厳な雰囲気です。約1mの高さの本棚が並んでいて柱が木のように重なりあった向こうが見えていきます。
重なっていく様はとても心地よい。
1階の床はスロープでここも気持ちよい。
林のようでもあり、宗教施設のようでもあるし、工場のような雰囲気もあります。
| 近藤英夫 近藤英夫建築研究所 | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
被災地 東京より
震災の建物診断で東京に来ています。
テレビなどでは全く触れませんが東京でも多くの建物が壊れています。
写真は荒川区のオフィスです。おそらく断層や昔のクリークの上にあったと思われます。
地震の凄まじさがわかります。

| 近藤英夫 近藤英夫建築研究所 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
田圃の景色
引き続き佐賀にいます。
ちょっと散歩しました。寒い中凍った田圃の中を歩きます。
冷んやりとした張り詰めた空気感、のんびりとした時間。
この景色、日本の大事な景色のように思います。
ここで育つ子はしっかりした子になるんだろなと思いました、何となく。


| 近藤英夫 近藤英夫建築研究所 | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ハンズマンとメーテルと

ガイアの夜明けにもでていたハンズマンが北九州に出来たので行ってきました。
8mくらいの天井高いっぱいの陳列。品揃えも充実で色やサイズもびっしり。
ここまで品揃えがあれば他の店に回る気がなくなるかも。安いわけではないけど覚悟して買い物できます。楽しめます。

ついでに北九州空港でメーテルと記念写真。メーテルは北九州出身なんだって。
| 近藤英夫 近藤英夫建築研究所 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大橋トリオのライブに行った
大橋トリオのインストアライブに梅田NUに行ってきました。
8月の豪雨で六甲山のフェスでは見づらかったのですが、今日はよく見えました。女子率90%。4曲、まったりするよね。
| 近藤英夫 近藤英夫建築研究所 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode